当科の研究実績・学術論文

このページを印刷する

研究実績

当院で行っている研究(1)

都立神経病院の脳神経外科では、広く、脳・脊髄・末梢神経疾患を対象として治療を行っています。当科の診療は、脊椎疾患・脳腫瘍・脊髄腫瘍・脊髄動静脈奇形・末梢神経疾患・てんかん・パーキンソン病・振戦・顔面けいれん・三叉神経痛・もやもや病などが占めています。これらの疾患の確実な診断法・安全な治療法の確立が重要です。当院の脳神経外科では、これらの脳・脊髄・末梢神経疾患の臨床的・疫学的特徴を明らかにし、診断法、治療法を改善することを目的として臨床研究・疫学研究を行い広く世界に発信しています。本研究により、脳・脊髄・末梢神経疾患についての広く正しい知見が得られる意義があります。
研究方法として、観察研究(カルテ調査)を行い、これらの疾患の臨床的特徴(頻度、分布)、画像診断法、電気生理学的診断法、治療法の有効性、予後などについて、統計学的手法を用いて解析します。本医学研究は、次のいずれかの研究です。

  1. 人体試料を用いないカルテ調査のため、患者には不利益や危険が生じない研究。
  2. 人体試料を用いるものの、病変の切除が疾病の診断・治療に必要で、その結果としての組織採取のために、患者に侵襲性がない。これらの病理診断結果を含んだカルテ調査のため、患者には不利益や危険が生じない研究。

保有する研究試料、データは、個人情報に関して匿名化を行い、プライバシーを確保し、東京都立神経病院・病歴室で施錠管理します。学会や学術論文に発表する場合は個人情報は保護されます。個人情報に関する問い合わせは042-323-5110。現在研究進行中の臨床研究は次の通りです。

  • 脊柱管狭窄症の研究 (頚椎症・平山病・腰椎症・後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症など)
  • 脊髄動静脈ろう・動静脈奇形の研究
  • 脊髄腫瘍の研究
  • 脳脊髄液漏出症の研究
  • 神経根引抜き損傷後の痛みの研究
  • キアリ奇形・脊髄空洞症の研究
  • 手根管症候群・肘部管症候群の研究
  • てんかん外科の研究
  • 不随意運動・定位脳手術の研究
  • 顔面けいれんの研究
  • もやもや病の研究

当院で行っている研究(2)

研究課題名

脊髄硬膜•硬膜外動静脈瘻の鑑別診断と治療成績の解明

所属科

脳神経外科

研究責任者

髙井敬介

研究期間

倫理委員会承認後から平成33年3月31まで

研究概要

○目的

脊髄動静脈瘻の鑑別診断と治療方法の確立

○対象

2009年から2018年までに当院で手術を行った脊髄動静脈瘻40例

○方法

カルテ情報を収集分析して統計解析を行う

○利用する項目

カルテ情報(臨床情報・画像データ・手術情報)

倫理的配慮・個人情報の保護の方法

データの匿名化を行いプライバシーを確保し、東京都立神経病院・6Aカンファランス室・病歴室で施錠管理する。管理責任者は脳神経外科部長および医長とする。学会や論文にデータを発表する場合は、個人情報は発表されない。

上記の研究に情報を利用することをご了承いただけない場合は、研究の問い合せ先までご連絡ください。

臨床研究登録の有無

 ●無・有 (臨床研究登録番号:             )

研究の問い合わせ先

神経病院内 研究責任者:髙井 敬介

東京都立神経病院 脳神経外科 医長

〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-6-1

TEL:042-323-5110

結果の公表について

医学専門雑誌に論文出版する。

利益相反について

なし

当院で行っている研究(3)

研究課題名

一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業

(Japan Neurosurgical Database:JND)

所属科

脳神経外科

研究責任者

谷口 真

研究期間

2018年1月1日から2027年12月31日まで

研究概要

○目的

当科は、一般社団法人日本脳神経外科学会会員が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

○対象 2018年1月1日以降の脳神経外科の手術や治療の情報

○方法

手術を含む脳神経外科医療情報データを、インターネットを介して収集します。データは、日本脳神経外科学会事務局が管理します。

○利用する項目 手術や治療に関する情報、効果やリスクを検証するための情報(年齢・性別など)を登録します。

倫理的配慮・個人情報の保護の方法

患者さんのお名前を登録することはなく、氏名とは関係のない識別番号を用いて登録します。識別番号と患者さんを結びつける対応表は当科で厳重に管理します。

上記の研究に情報を利用することをご了承いただけない場合は、研究の問い合せ先までご連絡ください。

臨床研究登録の有無

 ●無・有 (臨床研究登録番号:             )

研究の問い合わせ先

神経病院内 研究責任者:谷口真、高井敬介、松尾健

東京都立神経病院 脳神経外科

〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-6-1

TEL:042-323-5110

結果の公表について

日本脳神経外科学会事務局のデータベース委員会ならびに事務局で解析を行い、学会として結果を公表します。

利益相反について

研究に関する利益相反はありません。

当院で行っている研究(4)

研究課題名 頭蓋頚椎移行部動静脈シャントの血管解剖と治療成績の解明
所属科 脳神経外科
研究責任者 髙井敬介
研究期間 倫理委員会承認後から2022年3月31日まで
研究概要

〇目的

脊髄動静脈の鑑別診断と治療方法の確立

〇対象

2009年から2019年までに確定診断された頭蓋頚椎移行部脊髄動静脈痩の症例

〇方法

カルテ情報を収集分析して統計解析を行う

本研究は日本脊髄外科学会公認の多施設共同研究である

〇利用する項目

カルテ情報(臨床情報・画像データ・手術情報)

倫理的配慮・個人情報の保護の方法

データの匿名化を行いプライバシーを確保し、東京都立神経病院・6Aカンファランス室・病歴室で施錠管理する。管理責任者は脳神経外科部長および医長とする。学会や論文にデータを発表する場合は、個人情報は発表されない。

上記の研究に情報を利用することをご了承いただけない場合は、研究の問い合せ先までご連絡ください。

臨床研究登録の有無

 ●無・有(臨床研究登録番号:           )

研究の問い合せ先

神経病院内 研究責任者:谷口真、高井敬介、松尾健

東京都立神経病院 脳神経外科

〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-6-1

TEL:042-323-5110

結果の公表について 医学専門雑誌に論文出版する。

論文業績

2018年

  • Takai K.Update on the Diagnosis and Treatment of Arteriovenous Fistulas at the Craniocervical Junction: A Systematic Review of 92 Cases.J Neuroendovaclar therapy Epub 2018 Dec 27.
  • Takai K, Komori T, Taniguchi M.Angioarchitecture of Filum Terminale Arteriovenous Fistulas: Relationship with a Tethered Spinal Cord.World Neurosurg. Epub 2018 Nov 1.
  • Takai K, Niimura M, Hongo H,Umekawa M, Teranishi A, Kayahara T, Taniguchi M.Disturbed Consciousness and Coma: Diagnosis and Management of Intracranial Hypotension Caused by a Spinal Cerebrospinal Fluid Leak.World Neurosurg. Epub 2018 Oct 5.
  • Hongo H, Takai K, Komori T, Taniguchi M.Intramedullary spinal cord ependymoma and astrocytoma: intraoperative frozen-section diagnosis, extent of resection, and outcomes.J Neurosurg Spine. 2018 Oct 19;30(1):133-139.
  • Matsuo, T, Kawai, K, Ibayashi, K, Shirouzu, I, Sato, M.Disconnection surgery for intractable epilepsy with a structural abnormality in the medial posterior cortex.World Neurosurg. 2018 Aug;116:e577-e587.
  • Fujimoto S, Takai K, Nakatomi H, Kin T, Saito N.Three-dimensional angioarchitecture and microsurgical treatment of arteriovenous fistulas at the craniocervical junction.J Clin Neurosci. 2018 Jul;53:140-146.
  • Hiramatsu M, Sugiu K, Ishiguro T, Kiyosue H, Sato K, Takai K, Niimi Y, Matsumaru Y.Angioarchitecture of arteriovenous fistulas at the craniocervical junction: a multicenter cohort study of 54 patients.J Neurosurg. 2018 Jun;128(6):1839-1849.
  • Ibayashi K, Kunii N, Matsuo T, Ishishita Y, Shimada S, Kawai K, Saito N.Decoding speech with integrated hybrid signals recorded from the human ventral motor cortex.Front Neurosci. 2018 Apr 5;12:221. doi: 10.3389/fnins.2018.00221. eCollection 2018.
  • Miyakawa N, Majima K, Sawahata H, Kawasaki K, Matsuo T, Kotake N, Suzuki T, Kamitani Y, Hasegawa I.Heterogeneous redistribution of facial subcategory information within and outside the face-selective domain in primate inferior temporal cortex.Cereb Cortex. 2018 Apr 1;28(4):1416-1431.
  • Emami A, Kunii N, Matsuo T, Shinozaki T, Kawai K, Takahashi H.Seizure detection by convolutional neural network-based analysis of scalp electroencephalography plot images.Neuroimage Clin. 2019;22:101684. doi: 10.1016/j.nicl.2019.101684.

2017年

  • Takai K, Tanaka S, Sota T, Mukasa A, Komori T, Taniguchi M.Spinal cord astrocytoma with isocitrate dehydrogenase 1 Gene Mutation.World Neurosurg. 2017 Dec;108:991.e13-991.e16.
  • Niimura M, Takai K, Taniguchi M.Comparative study of perioperative complication rates of cervical laminoplasty performed by residents and teaching neurosurgeons.J Clin Neurosci. 2017 Nov;45:73-76.
  • Koizumi S, Takai K, Shojima M, Kunimatsu A, Ishii K, Imai H, Nakatomi H, Saito N.Spinal extradural arteriovenous fistulas with retrograde intradural venous drainage: Diagnostic features in digital subtraction angiography and time-resolved magnetic resonance angiography.J Clin Neurosci. 2017 Nov;45:276-281.
  • Takai K, Taniguchi M.Targeted epidural blood patch under O-arm-guided stereotactic navigation in patients with intracranial hypotension associated with a spinal CSF leak and ventral dural defect.World Neurosurg. 2017 Nov;107:351-357.
  • Takai K, Taniguchi M.Modified dorsal root entry zone lesioning for intractable pain relief in patients with root avulsion injury.J Neurosurg Spine. 2017 Aug;27(2):178-184.
  • Takai K.Spinal Arteriovenous Shunts: Angioarchitecture and Historical Changes in Classification.Neurol Med Chir (Tokyo). 2017 Jul 15;57(7):356-365.
  • Takai K, Komori T, Niimura M, Taniguchi M.Superficial siderosis of the central nervous system associated with intraspinal hemorrhage from ventral thoracic epidural veins and a ventral spinal CSF leak.J Neurosurg Spine. 2017 Jun;26(6):751-753.
  • Mukasa A, Yanagisawa S, Saito K, Tanaka S, Takai K, Shibahara J, Ikegami M, Nakao Y, Takeshita K, Matsutani M, Saito N.Successful treatment of mixed yolk sac tumor and mature teratoma in the spinal cord: case report.J Neurosurg Spine. 2017 Mar;26(3):319-324.

2016年

  • Takai K, Komori T, Shin M, Niimura M, Taniguchi M.Superficial siderosis complicated by hydrocephalus: bleeding from the dura mater in the cerebrospinal fluid cavity after brain tumor surgery.Acta Neurochir (Wien). 2016 Jul;158(7):1299-302.
  • Takai K, Matsumoto T, Yabusaki H, Yokosuka J, Hatanaka R, Taniguchi M.Surgical complications associated with spinal decompression surgery in a Japanese cohort.J Clin Neurosci. 2016 Apr;26:110-5
  • Ikeda S, Takai K, Kikkawa Y, Takeda R, Ikeda T, Kohyama S, Kurita H.Ruptured posterior spinal artery aneurysm: intraoperative and histological findings with appreciable thrombosis.Spine J. 2016 Mar;16(3):e215-7.
  • Takai K, Kurita H, Hara T, Kawai K, Taniguchi M.Influence of indocyanine green angiography on microsurgical treatment of spinal perimedullary arteriovenous fistulas.Neurosurg Focus. 2016 Mar;40(3):E10.
  • Yamaguchi M, Komori T, Nakata Y, Yagishita A, Morino M, Isozaki E. Multinodular and vacuolating neuronal tumor affecting amygdala and hippocampus: A quasi-tumor? Pathol Int. 2016 Jan;66(1):34-41.

2015年

  • Hatanaka R, Takai K, Iijima A, Taniguchi M. Intracranial dural arteriovenous fistula associated with a spinal tumor: a case report. Acta Neurochir (Wien). 2015;157:1825-7.
  • Ikeda S, Takai K, Kikkawa Y, Takeda R, Ikeda T, Kohyama S, Kurita H. Ruptured posterior spinal artery aneurysm: intraoperative and histologic findings with appreciable thrombosis. Spine J. 2015. [Epub ahead of print]
  • Ito H, Morino M, Niimura M, Takamizawa S, Shimizu Y. Posterior callosotomy using a parietooccipital interhemispheric approach in the semi-prone park-bench position. J Neurosurg. 2015;123:1322-5.
  • Kato K, Yokochi F, Taniguchi M, Okiyama R, Kawasaki T, Kimura K, Ushiba J. Bilateral coherence between motor cortices and subthalamic nuclei in patients with Parkinson's disease. Clin Neurophysiol. 2015;126:1941-50.
  • Minami N, Morino M, Uda T, Komori T, Nakata Y, Arai N, Kohmura E, Nakano I. Surgery for amygdala enlargement with mesial temporal lobe epilepsy: pathological findings and seizure outcome. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2015;86:887-94.
  • Niimura M, Takai K, Taniguchi M. Postoperative epidural haematomas associated with hydrocephalus caused by intraoperative overdrainage of cerebrospinal fluid: two case reports with a literature review of 19 cases. BMJ Case Rep. 2015;9:2015.
  • Takai K, Komori T, Taniguchi M. Microvascular anatomy of spinal dural arteriovenous fistulas: arteriovenous connections and their relationships with the dura mater. J Neurosurg Spine. 2015;23:526-33.
  • Takai K, Taniguchi M. Microsurgical resection of an intramedullary glomus arteriovenous malformation in the high cervical spinal cord: retrograde dissection techniques of the nidus located between spinal tracts. Acta Neurochir (Wien). 2015;157:1659-64.
  • Uda T, Morino M, Minami N, Matsumoto T, Uchida T, Kamei T. Abnormal discharges from the temporal neocortex after selective amygdalohippocampectomy and seizure outcomes. J Clin Neurosci. 2015;22:1797-801.

2014年

  • Ito H, Takai K, Taniguchi M. Cervical duraplasty with tenting sutures via laminoplasty for cervical flexion myelopathy in patients with Hirayama disease: successful decompression of a "tight dural canal in flexion" without spinal fusion. J Neurosurg Spine. 2014;21:743-52.
  • Ito H, Takai K, Taniguchi M. Spontaneous cervical epidural hematomas with acute hemiparesis should be considered a contraindication for intravenous thrombolysis: a case report with a literature review of 50 cases. Intern Med. 2014;53:57-62.
  • Kawai K, Morino M, Iwasaki M. Modification of vertical hemispherotomy for refractory epilepsy. Brain Dev. 2014;36:124-9.
  • Minami N, Uda T, Matsumoto T, Nagai T, Uchida T, Kamei T, Morino M. A surgical case of frontal lobe epilepsy due to focal cortical dysplasia accompanied by olfactory nerve enlargement: case report. Neurol Med Chir (Tokyo). 2014;54:593-7.
  • Yokosuka J, Takai K, Komori T, Taniguchi M. Superficial siderosis: bleeding from the bone marrow after laminectomy for spinal tumor removal. J Neurosurg Spine. 2014;21:905-8.
  • Yoshida H, Takai K, Taniguchi M. Leakage detection on CT myelography for targeted epidural blood patch in spontaneous cerebrospinal fluid leaks: calcified or ossified spinal lesions ventral to the thecal sac. J Neurosurg Spine. 2014;21:432-41.

2013年

  • Lee JH, Takai K, Ota M, Shimizu T, Komori T, Taniguchi M. Isolated neurosarcoidosis in the medulla oblongata involving the fourth ventricle: a case report. Br J Neurosurg. 2013;27:393-5.
  • Matsumoto M, Takai K, Taniguchi M. Communicating syringomyelia associated with ventriculoperitoneal shunt malfunction verified with a cerebrospinal fluid dynamic study: case report. Childs Nerv Syst. 2013;29:1953-5.
  • Uda T, Koide R, Ito H, Hosono A, Sunaga S, Morino M. Relapse of herpes simplex virus encephalitis after surgical treatment for temporal lobe epilepsy: rare complication of epilepsy surgery. J Neurol. 2013;260:318-20.
  • Uda T, Morino M, Ito H, Minami N, Hosono A, Nagai T, Matsumoto T. Transsylvian hippocampal transection for mesial temporal lobe epilepsy: surgical indications, procedure, and postoperative seizure and memory outcomes. J Neurosurg. 2013;119:1098-104.

2012年

  • Takai K, Taniguchi M. Comparative analysis of spinal extradural arteriovenous fistulas with or without intradural venous drainage: a systematic literature review. Neurosurg Focus. 2012;32:E8.

最終更新日:2019年8月 7日

ページトップへ