特殊ナースコール

このページを印刷する

神経病院で用いている特殊ナースコールの代表的なものには以下のものがあります。

  1. プレート型スイッチ(向かい合う名刺大の2枚の板を合わせるとON)
  2. エアバッグ式スイッチ(弁当箱大のエアバッグになんらかの圧をかけるとON)
  3. センサー型スイッチ(アームの先端がタッチセンサーになっており、患者さんの体のすぐそばにセットすることで、わずかな身体の動きで触れることでナースコールが可能です)

一般的にナースコールと言えば、通常の筒握りのものが一般的です。しかしながら、ボタンスイッチが押せないと、とたんにナースコールが使えなくて困ることになります。

各種特殊ナースコールを常備しています。その方に適合したナースコールを使用していただけるよう看護科と協力して取り組んでいます。

特殊ナースコール写真

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ