てんかん総合治療センター

このページを印刷する

てんかんセンターとは

都立神経病院てんかん総合治療センターは2014年に開設されました。全国で37施設(2019年現在)あるてんかんセンターはてんかん医療構造における三次医療に位置し、難治てんかんの包括的な診断・治療のみならず、てんかん医療構造全体にわたるてんかんケアを視野に、その改善のために活動する施設です。

包括的てんかんケア

てんかんの治療は発作の抑制だけでなく、身体・心理・社会面への影響も考慮した包括的な診療が不可欠であり、複数の診療科が関わることは言うまでもなく、てんかんに関する知識を豊富にもつ看護師、薬剤師、検査技師、臨床心理士、ソーシャルワーカー等が密に連携したチーム医療が重要となります。さらに当てんかんセンターは、目の前の患者さんの診療にとどまらず、地域のてんかん診療連携、地域の一次・二次診療医への情報提供、都民公開講座などの社会啓蒙活動、臨床研究、新薬の治験などを行うことにより、地域に密着したてんかん診療と将来を見据えた研究活動を展開しています。

tenkan5.jpg

主な活動

・院内向け勉強会および症例検討会(全職種参加、月1回)

・てんかん外科カンファレンス(週1回)

・てんかんカンファレンス(難治症例検討会、月1回)

・脳波判読カンファレンス(週1回)

・抗てんかん薬の治験、使用成績調査への協力

・学会・研究会等における研究発表

日本てんかん学会、日本てんかん外科学会、日本小児神経学会、日本脳神経外科学会、日本脳腫瘍学会、全国てんかんセンター協議会総会など

全国てんかんセンター協議会総会(JEPICA)における看護師による研究発表

・近隣住民に向けた都民公開講座(年1回)

tenkan3.jpg

2018年2月 府中グリーンプラザにて開催

てんかんセンター概要

概要

2014年開設

日本てんかん学会 認定研修施設

日本てんかん学会専門医 2名(3名)

脳神経外科1名

神経小児科1名

(精神神経科1名;隣接する都立多摩総合医療センターと連携)

迷走神経刺激療法認定医2名



てんかんの検査

長時間ビデオ脳波モニタリング(4台)

頭蓋内脳波記録

MRI (1.5テスラ、3.0テスラ)

fMRI(機能的MRI)

CT

和田テスト

核医学検査

高次機能検査(臨床心理士)



てんかんの治療

薬物治療

外科治療(小児・成人)

迷走神経刺激療法

ACTH 療法・ケトン食療法などの特殊治療



都立神経病院てんかん総合治療センターは乳幼児てんかんから高齢者てんかんまで幅広く対応しています。詳細は小児神経科、脳神経外科へのリンクをご利用ください。

最終更新日:2020年4月 9日

ページトップへ