文字サイズ 標準 | 日本語 | English |

小児がんセンター



 平成25年2月に国が指定する「小児がん拠点病院」に指定され、小児がん診療に積極的に取り組んでいます。白血病等の血液腫瘍、脳腫瘍や脊髄腫瘍、神経芽腫等の固形腫瘍と偏りなく診療を行い、集学的治療を要する重症小児がんへの対応も行っています。

 院内学級(都立武蔵台学園府中分教室)も設置されており、入院しながらでも義務教育を収めることができます。高校生を含めたAYA世代(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)のがん患者への対応にも積極的に取り組んでいます。また緩和ケアサポートチームが早期から介入を行っており、患者さん及びご家族へのサポート体制も整備しています。

 小児がん経験者及び造血細胞移植患者に対する長期フォローアップを目的として平成28年に「長期フォローアップ外来」を開設しました。長期フォローアップに習熟した医師と、造血細胞長期フォローアップ研修を受講した看護師が担当し、必要に応じてMSW(医療ソーシャルワーカー)や心理士との連携も行っています。

 東京都では、都内の小児がん拠点病院及び東京都小児がん診療病院による「東京都小児がん診療連携協議会」を設置・運営しています。当院は協議会の事務局を務めています。協議会では、小児がん診療連携ネットワークの構築、普及啓発活動、医療従事者に対する研修の実施などの取組を行っています。

小児がんセンター長あいさつ

準備中

東京都立小児総合医療センターの提供する小児がん医療

診療圏:
 多摩地域、23区西部、埼玉県南西部・西部、神奈川県北部、山梨県のほか、最重症患者には診療圏を越えて対応

集学的治療を要する重症小児がんへの対応

  • 治療抵抗例、再発例などの難治性小児がんに対応
  • 血液浄化、人工心肺など重症集中管理を要する小児がん治療に対応(小児救
    急医、集中治療医によるドクターカー、ヘリ、 PICU を利用した重症管理)
  • 腹部腫瘍、脳腫瘍等包括的医療を必要とする固形腫瘍に対応

地域における小児がん医療および支援

  • 地域における小児がん症例に責任を持って対応
  • 患者さんの利便性に配慮した対応
  • 退院後は地域の医療機関と連携

多職種によるチーム医療

  • 緩和ケアサポートチームによる小児に特化した緩和ケアの提供
  • 腫瘍カンファレンスによる治療方針の確認、決定
  • 小児総合診療基盤による優れた合併症医療

長期フォローアップ

  • 多診療科による高度で包括的な長期フォローアップ
  • 多摩総合医療センターと連携した移行医療モデルの構築

患者家族支援

  • 子ども家族支援部門による心理社会的なサポート
  • 子どもがん相談支援センターによるサポート
  • 市民に対する小児がん啓発活動の実施
  • ドナルド・マクドナルドハウスふちゅう(宿泊施設)
  • 都立武蔵台学園府中分教室、ピアサポーターとの協働による支援

人材育成支援

  • 小児がん診療機関と連携した若手血液・腫瘍医育成
  • コメディカル育成支援
  • 研究会、公開カンファレンスの開催

臨床研究支援

  • 臨床研究支援センターによる医師主導治験、多施設共同研究のサポート

東京都がんポータルサイト(外部サイト)

その他関係サイトリンク(外部サイト)