文字サイズ 標準 | 日本語 | English |

免疫科

  • 概要
  • 診療内容
  • 診療実績
  • スタッフ
    紹介
  • 医療関係者
    の方へ

概要

 免疫とは、体が自分を守るために外からきた微生物などに抵抗力で、うまれつき備わっている免疫と、うまれてから獲得していく免疫があります。これらの免疫の機能が正常に働かないと、感染症にかかり易かったり、繰り返す熱を出したり、さまざまな病気を引き起こします。免疫科では、これらの病気の診断、治療を行います。

診療内容

目標

 免疫による病気を診断して、必要に応じて治療を行います。また免疫の異常が疑われる場合、免疫機能の評価を行います。

1 原発性免疫不全症

 免疫とは、細菌やウイルス、真菌(カビ)などの感染症に対して人の体がもつ抵抗力で、うまれつき免疫の機能が弱い病気があります。疑うきっかけでは、感染症を繰り返して体重増加不良や成長の遅れがある、重症の感染症を繰り返す、日和見感染症(通常は罹らない病原性が低い微生物による感染症)を起こすなどがあります。疑われる場合には、免疫機能の検査を行います。治療が必要な場合、予防内服、ガンマグロブリン補充、血液腫瘍科と協力して造血幹細胞移植などを行います。

2 自己炎症性疾患

 体の中で炎症をきたしてしまう病気があり、周期的に発熱をきたすなどの症状があります。感染症による発熱ではなく、通常、抗菌薬などを投与しても無効であることが多いです。疾患に応じて、内服薬による治療、扁桃腺摘出を行うことがあります。

こんな症状のお子さんが対象です

 重症の感染症を繰り返す、原因不明で日和見感染症を起こした既往がある、かかりつけ医の先生から免疫不全を疑われる、皮膚や口唇のヘルペスを年に3回以上繰り返す、水痘のワクチンを2回接種したが水痘に罹患したことがある、呼吸器感染や下痢などで体重増加や成長の遅れがある、周期的(2-6週間おき)に6か月間以上の期間で発熱を繰り返す

主に取り扱っている疾患、治療内容

無ガンマグロブリン血症

 定期的にガンマグロブリンの補充を行います。

慢性肉芽腫症

 感染に対する治療や予防、インターフェロン投与、必要に応じて造血幹細胞移植を行います。

重症複合免疫不全症

 感染に対する治療や予防、ガンマグロブリンの補充、造血幹細胞移植などを行います。

メンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症

 感染症に対する治療や予防を行います。

慢性皮膚粘膜カンジダ症

 感染に対する治療や必要に応じて予防などを行います。

その他の原発性免疫不全症

 感染に対する治療、予防などを行います。

周期性発熱症候群

 病型の診断、発熱発作の予防などを行います。必要に応じて扁桃腺摘出術などを行うことがあります。

診療実績

原発性免疫不全症

慢性肉芽腫症、重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症、メンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症、慢性皮膚粘膜カンジダ症など

自己炎症性疾群

PFAPA (Periodic Fever with Aphtous Pharyngitis and Adenitis)など

主な業績

福岡かほるほか PFAPA症候群について
外来小児科,2017
外来受診におけるPFAPA症候群の臨床像

豊福明和ほか 無ガンマグロブリン血症におけるヘリコバクター菌血症
Journal of Infection and Chemotherapy, 2016
Helicobacter cinaedi bacteremia resulting from antimicrobial resistance acquired during treatment for X-linked agammaglobulinemia

植木将弘、森野紗衣子ほか メンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症(北海道大学と共同研究)
Clinical Immunology, 2017
A heterozygous dominant-negative mutation in the coiled-coil domain of STAT1 is the cause of autosomal-dominant Mendelian susceptibility to mycobacterial diseases

スタッフ紹介

氏名 宇田 和宏(うだ かずひろ)
役職 医員
診療科責任者
専門分野・得意分野・
研究分野
自己炎症性疾患・免疫不全感染症
主な資格等 日本感染症学会専門医
小児感染症学会暫定指導医
小児感染症学会認定医
日本小児科学会専門医
難病指定医
Infection Control Doctor (感染制御医師)
氏名 舟越 葉那子(ふなこし はなこ)
役職 医員
専門分野・得意分野・
研究分野
自己炎症性疾患・免疫不全感染症
主な資格等 日本小児科学会専門医
小児感染症学会認定医
Infection Control Doctor (感染制御医師)
氏名 堀越 裕歩(ほりこし ゆうほ)
役職 非常勤(月16)
専門分野・得意分野・
研究分野
自己炎症性疾患・免疫不全感染症
主な資格等 日本小児科学会専門医・認定小児科指導医
小児感染症学会暫定指導医
Infection Control Doctor (感染制御医師)
氏名 芝田 明和(しばた めいわ)
役職 非常勤(月16)
専門分野・得意分野・
研究分野
自己炎症性疾患
主な資格等 日本感染症学会専門医
日本小児感染症学会認定暫定指導医
日本小児科学会専門医・認定小児科指導医
Infection Control Doctor(感染制御医師)

医療機関の先生方へ

免疫不全もしくは免疫不全が疑われる症例の診断や治療、周期性発熱症候群(自己炎症性疾患)の症例の診断や治療のご紹介をお受けいたします。

ご紹介の際には、ご家族に紹介状を発行していただき、予約センターより感染症科の外来の予約をお取りください。

毎週水曜の午後が外来日です。

緊急のときは

直接、免疫科の医師まで電話でご連絡ください。