文字サイズ 標準 | 日本語 | English |

結核科

  • 診療内容
  • 診療実績
  • スタッフ
    紹介
こどもたちを結核から守る
結核科 医長 宮川 知士

診療内容

結核は、症状に乏しく徐々に進行するため、早期発見が難しい病気の一つです。特に乳児では、肺門や縦隔のリンパ節が腫大し(初期変化群肺結核肺門リンパ節結核)、さらにリンパ節にある結核菌が血液に入り全身に広がって(粟粒結核)重症結核となりやすく、髄膜炎では重大な後遺症を残します。

学童期以降では、成人と同様に肺結核空洞性肺結核胸膜炎が多くみられます。そのほか髄膜炎脊椎カリエス腸結核などの特殊な病態もみられます。

治療は抗結核薬による化学療法を主体とし、特殊な病態では外科的処置が必要となることがあります。

結核は早期発見が大切です。結核の人との接触があった場合には、結核を発病していないかを正確に診断する必要があります。当センターでは、子どもの結核を入院治療できる施設であり、東京都以外にも広域に患者さんたちを受け入れています。

こんな症状のお子さんが対象です

  • 家族に結核の人がいる
  • 肺結核の人との接触があった
  • BCGを接種したら、接種部位がすぐに赤くなった
  • 肺のレントゲンで異常があり、なかなか治らない
  • 微熱や咳がつづく
  • ツベルクリン反応が陽性といわれた
  • BCG接種後に左のわきの下が腫れている
  • BCG接種部位が過剰に反応している
集合写真

診療実績

年度 初診患者数 入院患者数
2019 194 44
2018 252 44
2017 234 47
2016 154 36
2015 198 36
2014 222 34
>

スタッフ紹介

氏名 宮川 知士 (みやかわ ともお)
役職 医長
診療科責任者
専門分野・得意分野・
研究分野
小児呼吸器病
主な資格等 日本小児科学会専門医・指導医
氏名 石立 誠人 (いしたて まこと)
役職 医長
専門分野・得意分野・
研究分野
小児呼吸器病
主な資格等 日本小児科学会専門医・指導医
氏名 小栗 沙織 (おぐり さおり)
役職 非常勤
専門分野・得意分野・
研究分野
小児呼吸器病
主な資格等 日本小児科学会専門医
氏名 大谷 勇紀 (おおたに ゆうき)
役職 非常勤
専門分野・得意分野・
研究分野
小児呼吸器病
主な資格等 日本小児科学会専門医