文字サイズ 標準 | 日本語 | English |

東京都移行期医療支援センター


センター長あいさつ

東京都立小児総合医療センター副院長 三浦 大  子ども(小児)の病気には、早く生まれた小さい体格の新生児(早産児/低出生体重児)、生まれつきの病気(先天性疾患)、子どもに特徴的ながん(悪性腫瘍)、慢性に経過する腎臓病や内分泌・代謝疾患、発達障害など、大人(成人)の病気と異なる様々な種類があります。このような病気を持つ一部の子どもは、以前は幼いうちに命を落としていました。近年、医療の進歩によって、重い障害を残すことなく助けられるようになり、成人に達することができるようになりました。
 成人になったからといって、患者さんの診療の必要性がなくなる訳ではありません。重症度に応じて定期的な通院を続け、ときに入院し、生活・仕事・結婚などにも配慮を要します。しかし、小児診療科医は保護者(多くは親)に説明して方針を決定し、保護者は病気の子どもを熱心に養育した結果、成人に達した患者さん本人をないがしろにした医療が行われていることがあります。また、病気のことをよく知らないまま、成人診療科に紹介され、通院が途絶えてしまう例もあります。
 そこで、成人になるまでに、病名と状態、内服薬の種類、重視する症状と対応、運動・生活や妊娠・出産時の注意、喫煙・飲酒の制限、外来の予約の仕方などを習得することが望ましいと言われています。このような自立支援のプログラムを経て、成人診療科に転科・転院することを移行と呼びます。適切な移行のためには、中学生・高校生のうちから、医師、看護師のほか多職種のチームによる教育体制が必要です。転科・転院が難しい病気の場合も、自立支援を促し、成人診療科と適宜連携するべきです。
 移行期医療の実施はまだ不十分ですので、各都道府県にセンターの設置が進められています。東京都では、当院が移行期医療支援センターとなるべく、昨年度から準備を進めてまいりました。東京には、慢性疾患を持つ子どもや成人になった患者さんも診療に関わる専門施設の数も多く、理想的な体制の構築は容易ではありません。今後、関係者の皆様のご協力を得て、子ども達が自分の病気と向き合い、自立した成人として社会に巣立てるように移行期医療を普及していきたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


令和3年1月吉日
移行期医療支援センター センター長
                                 東京都立小児総合医療センター副院長
                                      三浦 大

患者様・ご家族様へ

患者様向けリーフレット

 小児期から慢性疾患を抱える患者・保護者の皆様に向けたリーフレットです。子どもから大人になった時に自分に合った医療を受けるための準備について紹介しています。

 患者様向けリーフレットは、下記よりダウンロードいただけます。
 患者様向けリーフレット(PDF:2,707KB)

移行期医療支援センターへのご相談

対象となる相談内容

(1)移行期医療支援を実施している医療機関のご紹介
(2)受入可能な成人診療科のご紹介(※自立支援が完了している方)
(3)その他、移行期医療支援に関するご質問

※ センターが医療機関をご紹介した場合であっても、個別具体的な事情によって受け入れが難しいケースもございます。紹介された医療機関へ相談者様から直接連絡を取るのではなく、必ず、かかりつけ医から当該医療機関へ事前に情報提供及びご相談していただきますようお願いいたします。

※ 相談内容に基づき、センターから現在のかかりつけ医に連絡を取らせていただき、今後の移行の進め方等に関する助言をさせていただく場合もございますので、ご了承ください。

相談方法

 下記の相談受付サイトにアクセスし、必要事項をご記入の上、お申込みください。

電子申請サイト(患者・ご家族向け)

※申込が完了すると、申込時に入力したメールアドレスあてに受付完了メールが自動送信されますので、ご確認ください。受付完了メールが届かない場合、メールアドレスの入力誤りの可能性がございますので、本ページ下部に記載の担当までお問合せください。


 担当者が相談内容を確認後、当センターからメール等でご連絡いたします。
 ご連絡まで数日お時間をいただきますので、ご了承ください。

医療関係者の方へ

医療機関向けリーフレット

 医療関係者の皆様に向けたリーフレットです。移行期医療の内容や東京都移行期医療支援センターの取組等を紹介しています。

 医療機関向けリーフレットは下記よりダウンロードいただけます。
 医療機関向けリーフレット(PDF:2,352KB)

 リーフレットの追加送付を御希望の場合は、東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。
 東京都福祉保健局 成人期医療への移行支援(移行期医療支援体制整備事業)

移行期医療支援センターへのご相談

 
対象となる相談内容

 例1)「移行期医療支援を開始するノウハウが知りたい」(支援プログラムに関する助言)
 例2)「移行期医療支援を実施している医療機関が知りたい」(医療機関情報の提供)
 ※ 個別の患者さんに関する具体的な調整は医療機関同士で行っていただきます。
 ※ 単に転科・転院先を探して欲しいというご相談(自立支援を伴わないもの)はお受けできません。

               
相談方法

 下記の相談受付サイトにアクセスし、必要事項をご記入の上、お申込みください。

電子申請サイト(医療機関向け)

※申込が完了すると、申込時に入力したメールアドレスあてに受付完了メールが自動送信されますので、ご確認ください。受付完了メールが届かない場合、メールアドレスの入力誤りの可能性がございますので、本ページ下部に記載の担当までお問合せください。


 担当者が相談内容を確認後、当センターからメール等でご連絡いたします。
 ご連絡まで数日お時間をいただきますので、ご了承ください。

 

研修・説明会のご案内

小児診療科・成人診療科共通

○第1回 症例検討会(循環器疾患)

1. 日時

2021年10月4日(月)18時00分〜19時00分(Web開催)

2. 詳細

案内用ポスターを下記よりダウンロードでしてご確認ください。
 案内用ポスター(PDF:279KB)

3. 申込方法

下記電子申請サイトにアクセスし、必要事項をご記入の上、お申込みください。


※ 申込期限は10月4日(月)15時です。
※ 申込が正常に受け付けられた場合、申込時に入力したメールアドレスに対し、「受付完了メール」が自動送信されます。
※ 申込が完了した方へ、症例検討会当日までにWeb会議のURLを記載した招待状メールを送付します。
  招待状が届かない場合は、医療連携室 渡邉(042-312-8116)までお問い合わせください。


小児診療科向け

・「移行期支援 概論」(2021年8月)
 研修動画(音声付きPowerPoint)をYouTubeにアップロードしましたので、下記よりアクセスしてご覧ください。
 研修動画(YouTubeへのリンク)


成人診療科向け

   ※現在、準備中です。



参考資料等

(1)米国の学会が主導しているGot Transitionという移行医療のホームページをご紹介します。
(2)基本方針であるSix Core Elements(主要6要素)の英文・翻訳文が掲載されているホームページ
   をご紹介します。
(3)「移行期医療に関する主要6要素 2.0」(日本語訳)は、下記よりダウンロードすることができます。
  移行期医療に関する主要6要素 2.0(日本語訳)(PDF:814KB)

東京都移行期医療支援センター

所 在 地 〒183-8561 東京都府中市武蔵台2-8-29
東京都立小児総合医療センター内
連 絡 先 042-300-5111(代表)
sn_ikoushien (at) tmhp.jp
※(at)を@に置き換えて送信してください。
※ご相談は上述の電子申請サイトよりお願いいたします。
受付時間 9時00分から17時00分(平日のみ)
担  当 移行期医療支援コーディネーター