文字サイズ 標準 | 日本語 | English |

イベントのご案内

AYA世代がんの基礎知識(Web講演会)のご案内【満員御礼】

下記のとおり医療従事者向けシンポジウムを開催いたします。
多くのみなさまにご参加いただきたくご案内申し上げます。

1. 日時

2021年3月16日 (火曜日)
18時00分〜19時30分

2. 会場

Web開催
※Zoomウェビナーを用いたオンライン形式
先着100名様(事前予約制)

3. 演題及び講師

● AYA世代がんに関する総論       都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 松井 基浩
● AYA世代がん診療・妊孕性温存の現状  都立多摩総合医療センター 産婦人科   齋藤 茉祐子
● 小児からAYA世代への移行医療     都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 森 尚子
● AYA世代がん患者の支援について    都立多摩総合医療センター 看護部    池田 恭子
● AYA世代がんのピアサポートについて  都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 松井 基浩

    案内用ポスターはこちら(PDF:1,249KB)


4. 申込方法

 

※申込人数の上限に達したため、募集は終了しました。

下記電子申請サイトにアクセスし、必要事項をご記入の上、お申込みください。


※ 申込期限は2021年3月11日(木曜日)です。※ 定員:先着100名様
※ 申込が正常に受け付けられた場合、申込時に入力したメールアドレスに対し、自動で「受付完了メール」が届きます。
※ 申込が完了した方へは講演会前日にWeb講演会のURLを記載した招待状メールを送付します。招待状が届かない場合は、下記担当までお問い合わせください。

5. その他

主催:東京都立多摩総合医療センター、東京都立小児総合医療センター
後援:(一社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会

令和3年3月14日(日曜日)から21日(日曜日)までの期間について、一般社団法人AYAがんの医療と支援のあり方研究会により「AYA week 2021」と定められており、全国の関係施設において、AYA世代がんに関する普及啓発の取組が開かれます。
本取組はAYA week 2021の一環として実施するものです。

〇(一社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会
〇AYA week 2021

 

お問い合わせ先

東京都立小児総合医療センター 庶務課企画担当
TEL: 042-300-5111 内線3444


第4回AYAキャンサーサバイバーズミーティング
〜AYA世代がん患者のためのオンライン交流イベント〜

 AYA世代がん体験者が交流できるイベントを開催します。 このイベントを通して、専門家からの情報を得ると同時に、同年代の経験者とつながり、今後のサバイバー生活の活力になることを願っています。
 皆さんのたくさんのご参加をお待ちしています。

1. 日時

2021年3月14日(日曜日)
13時00分〜15時30分(2時間30分)

2. 会場

Zoom(オンライン配信)
先着40名様

3. 参加対象者

AYA世代がん経験者
※0歳〜39歳でがんを経験したご本人で、現在高校生〜39歳までの方

4. 参加費用

無料(要Web登録)

5. プログラム

【第一部:選べるグループレクチャー】
参加者のニーズに合わせた4つのテーマを用意しました。

1.不安との上手な付き合い方  講師:平山 貴敏 先生(国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科)
【概要とメッセージ】
様々な不安や心配にとらわれてしまうと活動が減り、余計に不安が高まったり気持ちが落ち込むことにつながってしまいます。不安と上手に付き合い、日々の充実感や喜びを取り戻せるように生活の仕方を工夫してみませんか!?
国立がん研究センター中央病院「日々の充実感やよろこびを取り戻すプログラム」


2.就労のプロが伝授する自己分析  講師:砂川 未夏 先生(キャリアコンサルタント)
【概要とメッセージ】
・キャリアコンサルタントってご存じですか?
主に大学のキャリアセンターやハローワーク、人材紹介での就職準備や求人紹介、あるいは企業の中で採用や人材育成・定着のお手伝いをしています。私自身は、29歳で悪性リンパ腫に罹患して、33歳でいわゆるOLからこの業界へ異業種転職しました。
・あなたにとって、「働く」って何でしょう?どんなイメージでしょう?
当日は、働くことについて、皆さんと一緒に考えたいと思っています。また、就職活動やキャリアアップする上で、自己分析って大切っていうけど、難しいと感じられている方もいらっしゃるかもしれません。紙とペンを用意いただき、お絵かきしながらエッセンスをお伝えいたします。 人生の転機を向かえている方、就職、転職を考えている方はもちろんのこと、今後どうしようかな〜と揺らいでいる方、将来のキャリアのためにちょっと知りたいと思っている方などなど、関心のある皆さんの参加をお待ちしています。
それでは、オンラインでお会いしましょう!


3.がんになったら運動しよう! 体力と元気を回復する方法
                  講師:広瀬 真奈美 先生(一般社団法人 キャンサーフィットネス)

※軽度の運動があるため、参加される方は主治医に運動の許可をもらった方が参加するようにしてください。
【概要とメッセージ】
がんになると、メンタル的にも安静にしたい気持ちになったり、日常生活も不活動になりやすい方が多くいます。元々、運動が苦手、嫌い、という方も多いので、なおさら、体を動かすことが億劫になってしまいます。がんになったからこそ、体力、筋力を維持し、元気にがんと付き合っていきましょう。術後も運動をすることで、動きにくくなった部分も回復していきます。運動で、QOL(人生の質、生活の質)を向上させていきましょう。 前半は、がんと運動のお話、後半は、みなさんとご一緒に楽しく運動します。
一般社団法人キャンサーフィットネスHP
オンラインサロンHello! 1日10分運動を続けてみたい方は、こちらのサイトをご覧下さい。


4.患者会紹介
・若年性がん患者団体 STAND UP!!
・一般社団法人 キャンサーペアレンツ 
国規模のAYA世代がん患者さんに関連した2団体の活動内容を、実際に患者会の方にご紹介してもらいます!
※内容が一部変更になり、若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring は参加しないこととなりました。


【第二部:みんなでティータイムトーク】

案内用チラシ(PDF:2,362KB)

6. 申込方法

以下の登録フォームにアクセスして、必要項目を入力してください。
登録フォーム
※ 申込期限:2021年3月5日(金曜日)
※ 定員:先着40名

7.その他

主催:東京都立小児総合医療センター 共催:東京都立多摩総合医療センター
企画・事務局:AYA cancer network project (※) 後援:(一社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会
※若年時にがんを経験したサバイバーで結成されたチームで、日本全国の繋がりを目指して活動しています。

令和3年3月14日(日曜日)から21日(日曜日)までの期間について、一般社団法人AYAがんの医療と支援のあり方研究会により「AYA week 2021」と定められており、全国の関係施設において、AYA世代がんに関する普及啓発の取組が開かれます。
本取組はAYA week 2021の一環として実施するものです。

〇(一社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会
〇AYA week 2021

 

お問合せ先

東京都立小児総合医療センター 庶務課企画担当
TEL: 042-300-5111 (代表)



森のライブラリー「離乳食講習会」中止のお知らせ

 今年度予定していた、森のライブラリー「離乳食講習会」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。
 離乳食について相談をご希望される方は、個別栄養指導にてお話を伺います。希望される方は、医師からの指導依頼が必要となりますので、主治医へご相談ください。



第3回AYAキャンサーサバイバーズミーティング
〜AYA世代がん経験者が考えた AYA世代がん患者のためのオンライン交流イベント〜

 AYA世代がん体験者が交流できるイベントを開催します。 このイベントを通して、専門家からの情報を得ると同時に、同年代の経験者とつながり、今後のサバイバー生活の活力になることを願っています。
 たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

1. 日時

2020年12月6日(日曜日)
13時00分〜15時30分(2時間30分)

2. 会場

Zoom(オンライン配信)

3. 参加対象者

AYA世代がん経験者
※0歳〜39歳でがんを経験したご本人
※現在高校生〜39歳までの方

4. 参加費用

無料(事前登録制)

5. プログラム

【第一部:選べるグループレクチャー】
参加者のニーズに合わせた4つのテーマを用意しました。
〇就職について  講師:岡田 晃先生(ハローワーク飯田橋)
〇美容について  講師:山崎 多賀子先生(美容ジャーナリスト)
〇里親・養子縁組 講師:河村 裕実先生(認定NPO法人オレンジディ理事長)
〇患者会紹介   若年性がん患者団体 STAND UP!
         若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring
         一般社団法人 キャンサーペアレンツ

【第二部:みんなでティータイムトーク】

案内用チラシ(PDF:4,640KB)

6. 申込方法

以下の登録フォームにアクセスして、必要項目を入力してください。
登録フォーム
※ 申込期限:2020年11月24日(火曜日)
※ 定員:先着40名

7.その他

主催:東京都立小児総合医療センター 共催:東京都立多摩総合医療センター
企画:AYA cancer network project (※)後援:(一社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会
※若年時にがんを経験したサバイバーで結成されたチームで、日本全国の繋がりを目指して活動しています。

お問合せ先

東京都立小児総合医療センター 庶務課企画担当
TEL: 042-300-5111 (代表)



東京都小児・AYA世代がん診療連携協議会 第8回市民公開講座
「withコロナ時代の小児・AYA世代がん診療」開催のご案内

 新型コロナウイルス(COVID-19)の流行が世界的な課題になっている中、ウイルスとの共存・共栄を目指すという「withコロナ」という言葉が叫ばれています。
 COVID-19感染症は、持病がある方が重症化しやすいと言われていますが、小児がんの治療中の人やAYA世代のがん経験者は、どのようなことに注意すればよいでしょうか?
 感染症と小児がん、それぞれ専門の医師を講師に招き、分かりやすく解説します。

1. 日時

令和2年11月28日(土曜日)
13時00分〜15時00分

2. 会場

オンライン配信
※視聴方法については、申し込みいただいた方に、後日、お知らせします。

3. プログラム

13:00 〜 「新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新情報」
          東京都立小児総合医療センター 感染症科 谷口 公啓 先生
13:45 〜 「小児・AYA世代がん患者・経験者に対する新型コロナウイルス感染症への対応」
          日本医科大学 小児科学教室 名誉教授 前田 美穂 先生
14:45 〜 「東京都小児がん診療連携推進事業のご紹介」
          東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 湯坐 有希 先生

4.参加方法

対象:教育・医療・行政関係者、一般の方など、どなたでもご参加いただけます。
   以下のURLから事前申し込みを行ってください。(参加無料)
https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/uketsuke/form.do?id=1601342933242

5.その他

主催 東京都福祉保健局、東京都小児・AYAがん診療連携協議会
後援 (公社)東京都医師会、(公財)がんの子どもを守る会
   (NPO)日本小児がん研究グループ(JCCG)
   (一社) AYAがんの医療と支援のあり方研究会
   (NPO)シャイン・オン・キッズ

お問合せ先

庶務課企画担当  042−312−8133(平日 9:00〜17:00)

案内用チラシはこちら(PDF) → 第8回市民公開講座のお知らせ(PDF:139KB)



令和2年度市民公開講座のご案内

下記のとおり市民公開講座を開催いたします。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

1. 日時

2020年11月14日(土曜日)13:00〜14:30

2. 会場

Web開催
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の市民公開講座はWeb開催とさせていただきます。 Zoomウェビナーというサービスを利用し、ご自宅のパソコンやスマートフォンなどからオンラインでご参加いただけます。
※参加者の名前や顔は表示されません

3. プログラム

(1)「小児と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」
    講師:感染症科 医師 曽根田 京子
(2)「新型コロナウイルス感染症と川崎病の関連」
    講師:循環器科 医師 三浦 大(小児総合医療センター副院長)

4.対象

主に乳・幼児の保護者様、保育などをされている方

5.申込方法

下記の必要事項をご記入の上、 sn_iryourenkei(at)tmhp.jp 宛てにメールでお申込みください。
また、事前に質問を募集いたしますので、併せて申込メールにご記入ください。

○件名:11/14市民公開講座申込
○本文: @お名前  Aお住いの市区町村名  Bメールアドレス
     C電話番号 D本講演で聞きたいこと、質問したいこと

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用下さい。
※お申込みいただいた方へは3開庁日以内に受付完了メールをお送りし、講演会前日までにWeb講座に参加するためのURLを記載した招待状メールを送付します。
※受付完了メール及び招待状が届かない場合は、下記担当までお問い合わせください。

6.申込期限

11月12日(木曜日)までにメールでお申込みください。

案内用ポスターはこちら → 市民公開講座のお知らせ(PDF:345KB)

お問合せ先

医療連携室  市民公開講座担当
TEL: 042-300-5111(内線3196)



小児治験・臨床研究啓発イベントのご案内

≪お薬を育てるちけんってなあに? 〜ちっち・けんけんと一緒に学ぼう〜≫

一般的にあまり知られていない子供向けの治験や臨床研究について、クイズでわかりやすく説明します。
今回も、臨床研究支援センターのキャラクター「ちっち」と「けんけん」が登場!皆さんと一緒に遊びながら学びます。白衣の試着体験やパネルシアター、ガチャガチャもありますので、お子さまと一緒にぜひお越しください。

1. 日時

令和元年12月26日(木曜日)10時00分から12時00分まで

2. 会場

都立小児総合医療センター(東京都府中市武蔵台2-8-29)
外来2階「森のライブラリー」
※駐車場は有料です(15分300円)
 駐車台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

3. 対象

どなたでもご覧いただけます。事前予約等は不要です。

4.対象及び募集定員

詳細については添付のポスターでご確認ください。

案内用ポスターはこちら → 小児治験・臨床研究啓発イベントのご案内(PDF:1,092KB)


東京都小児がん診療連携協議会 第7回市民公開講座
「AYA世代がんを知ろう」開催のご案内

「AYA世代がん」という言葉を聞いたことがありますか?
 “AYA”とは“Adolescent&Young Adult”(思春期・若年成人)のことで、15歳から39歳までの年齢が当てはまります。進学、就職、結婚、出産などのライフイベントにおいて、多くの困難を抱えるAYA世代のがん患者さんが安心して暮らすためには、学校や職場などにおける皆さんの理解が必要です。
 皆さん、是非「AYA世代がん」について一緒に考えましょう。

1. 日時

令和元年12月8日(日曜日)
13時00分〜17時00分

2. 会場

新宿NSビル30階 NSスカイカンファレンス
(東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 最寄駅:新宿駅、地下鉄都庁前駅)

3. プログラム

13:05 〜 「患者支援リーフレットの紹介」
13:20 〜 「AYA世代がん患者の現状について」
          御園生 啓介 さん
14:05 〜 「AYA世代がんの基礎知識」
          国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
          がん総合診療センター 副センター長/乳腺・腫瘍科医長
          清水 千佳子 先生
15:25 〜 「小児病院におけるファシリティドッグの活動について」
          認定NPO法人 シャイン・オン・キッズ
          ファシリティドッグ・ハンドラー 大橋 真友子 さん

4.参加方法

対象:教育・医療・行政関係者、一般の方など、どなたでもご参加いただけます。
定員:先着150名(事前申込は不要です。直接会場にお越しください。)
入場:無料

5.託児について

当日は専門業者に委託して、無料の託児スペースを設置します。
ご希望の方は、申込期間中に、下記の問合せ先にお電話でお申込みください。
・対象:生後3ヶ月〜就学前のお子さん
・ 定員20名(先着順)
・申込期間:11月5日(火)9時00分〜11月29日(金)16時00分

6.その他

主催 東京都福祉保健局、東京都小児がん診療連携協議会
後援 (公社)東京都医師会、(公財)がんの子どもを守る会
   (NPO)日本小児がん研究グループ(JCCG)
   (一社) AYAがんの医療と支援のあり方研究会

お問合せ先

庶務課企画担当  042−312−8133(平日 9:00〜17:00)

案内用チラシはこちら(PDF) → 第7回市民公開講座のお知らせ(PDF:373KB)



令和元年度市民公開講座のご案内

下記のとおり市民公開講座を開催いたします。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

1. 日時

令和元年11月9日(土)13:00〜15:00(12:30受付開始)

2. 会場

都立小児総合医療センター(東京都府中市武蔵台2-8-29)
1階講堂フォレスト
※駐車場は有料です(15分300円)
 駐車台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

3. プログラム

(1)「こどもの虫歯予防」
講師:小児歯科 医師 小方 清和
        歯科衛生士 本田 彩
        歯科衛生士 宮本 真巳子
(2)「抗菌薬を「正しく使う」ために知っておきたいこと」
講師:感染症科 医師 米田 立
   薬剤科 薬剤師 櫻井 理乃

4.対象及び募集定員

主に乳・幼児の保護者様、保育などをされている方
先着150名
申込不要 入場無料

5.託児のご案内

ボランティアスタッフ及び当院の職員による託児スペースがございます。
・対象 生後3ヶ月〜就学前のお子さん
・定員 20名(先着順)
・申込み方法
 下記連絡先にお電話でお申し込みください。

受付期間 10月18日(金)9:00から11月1日(金)16:00まで
平日 9:00〜17:00
電話番号:042-300-5111(内線3196)
医療連携室 市民公開講座担当までご連絡下さい。

案内用ポスターはこちら → 市民公開講座のお知らせ(PDF:345KB)

お問合せ先

医療連携室  市民公開講座担当
TEL: 042-300-5111(内線3196)





ふれあいミニコンサートのご案内

8月2日(金曜日)に、当院1階講堂フォレストにおいて、東京都交響楽団メンバーによる「ふれあいミニコンサート」を開催します。
「映画アラジンよりホール・ニュー・ワールド」、「夢をかなえてドラえもん」など、お子様が楽しめるプログラムとなっておりますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越し下さい。

入場料は無料です。たくさんの皆さまのご来場、お待ち申し上げております。

1. 日時

令和元年8月2日(金曜日)14時30分から15時15分まで

2. 会場

都立小児総合医療センター(東京都府中市武蔵台2-8-29)
1階講堂フォレスト
※駐車場は有料です(15分300円)
 駐車台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

3. 対象

入院患者、外来患者、付添ご家族等どなたでもご覧いただけます。事前予約等は不要です。

4.プログラム

『アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525第1楽章』
(モーツァルト作曲)
『映画アラジンより「ホール・ニュー・ワールド」』(メンケン作曲)
『情熱大陸』(葉加瀬太郎作曲)
『夢をかなえてドラえもん』(黒須克彦作曲)他

ポスターはこちら → ふれあいミニコンサートお知らせ(PDF:325KB)





第1回AYAキャンサーサバイバーズミーティング
〜AYA世代がん経験者が考えたAYA世代がん患者のための交流イベント〜

1. 日時

2019年8月3日(土曜日)
13時00分〜17時00分(予定)

2. 会場

都立小児総合医療センター(東京都府中市武蔵台2−8−29)
1階 講堂フォレスト
※駐車場は有料です(15分300円)
 駐車台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

3. テーマおよび講師

【第一部:専門家が答える!選べるグループワーク】
参加者のニーズに合わせた6つのテーマを用意しました。
各分野の専門家を講師に招き、小グループでの講義、相談ができます。

<テーマと講師>
@医療費     亀田総合病院 地域医療支援部総合相談室室長  鎌田喜子
A就職      ハローワーク飯田橋 就職支援ナビゲーター  岡田晃
B復職      近藤社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士  近藤明美
C見た目の悩み  国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター長  野澤桂子
D里親・養子縁組 認定NPO法人オレンジティ 理事長  河村裕美
Eメンタルケア  国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科 医師  平山貴敏

【第二部:ワールドカフェ がんで生じる悩みを共有しませんか?】
小グループに分かれ、カフェのような雰囲気でAYA世代がん患者同士で悩みを語り合います。
テーマは「コミュニケーション(友人・恋人・家族・職場・医療者)」です。

【第三部:ワークショップ ―理想の病院づくりについて―】

※終了後、AYA世代がん患者交流会を開催します(希望制)。

案内用チラシ(PDF:649KB)

4.参加対象者

AYA世代がん患者
(0〜39歳までにがんを経験しており、現在高校生以上39歳以下のご本人のみ参加可能)
※ 参加無料(事前登録制)
※ 定員60名(先着順)

5.申し込み方法

以下の登録フォームにアクセスして、必要項目を入力してください。
登録フォーム
※ 申込期限:2019年7月26日(金曜日)7月31日(水曜日)

お問合せ先

東京都立小児総合医療センター庶務課企画担当
TEL: 042-300-5111





令和元年度 ミニ栄養展

こどもの栄養と食事について、下記の日程で「ミニ栄養展」を開催します。予約は不要ですので、どなたでもお気軽にお越しください。

1. 日時

・第1回 2019年7月16日(火曜日) 11:30〜13:30 「夏休みの食生活」【終了しました】
・第2回 2019年12月17日(火曜日) 11:30〜13:30 「冬でも元気に過ごせるように」

2. 会場

小児総合医療センター 1階 講堂フォレスト前 ホスピタルホール(ドトール向かい)

 第1回「ミニ栄養展〜夏休みの食生活〜」(7月16日)開催のお知らせ(PDF)【終了しました】
 第2回「ミニ栄養展〜冬でも元気に過ごせるように〜」(12月17日)開催のお知らせ(PDF)




市民公開講座のご案内

下記のとおり市民公開講座を開催いたします。
多くのみなさまにご参加いただきたくご案内申し上げます。

1. 日時

平成31年3月10日(日)
11時00分〜12時00分(受付10時30分〜)

2. 会場

都立小児総合医療センター(東京都府中市武蔵台2−8−29)
1階 講堂フォレスト
※駐車場は有料です(15分300円)
 駐車台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

3. 演題および講師

「今日から役立つ!!子どもの風邪との付き合い方」
  小児総合医療センター 感染症科 医師 村井 健美

4.対象

・小さなお子様をお持ちのご家族
・保育に携わっている方
・医療関係者 など
※申込不要、入場無料

5.託児のご案内

当院の職員による託児スペースがございます。
・対象 生後3ヶ月〜就学前のお子さん
・定員 15名(先着順)
・申込み方法
 下記連絡先にお電話でお申し込みください。
 受付期間 2月1日(金)9時から3月7日(木)16時まで
 平日 9時から17時まで

 電話番号:042-300-5111(内線3117)
 医事課医事管理担当までご連絡ください。

案内用ポスターはこちら(PDF)

お問合せ先

医事課医事管理担当 河池(かわいけ)
TEL: 042-300-5111(内線3117)





ケニアにおける医療支援活動の写真展の開催について

ケニアにおける医療支援活動の写真展 2014年からケニアの首都ナイロビのスラム街での医療支援活動に当院小児科医師がNPO法人 ILFAR(代表理事 稲田頼太郎氏)を通して協力してきました。
ナイロビのスラム街は東アフリカ最大で、そこに住む子供たちは、貧困、HIV/AIDS、結核などの多くの問題を抱えながらも、たくましく生きています。
アフリカ在住のフォトジャーナリストの中野智明さんに活動の様子を撮影して頂きました。このたび医療支援活動を写真にて展示します。アフリカにおける小児医療の現状と当院医師の活動を皆さまに知っていただけると幸いです。

1. 日時

2018年12月17日(月)〜26日(水)

2. 場所

1階 講堂フォレスト前(ドトールの向かい)

3. 問い合わせ先

東京都立小児総合医療センター 感染症科





Tokyoヘルスケアサポーター養成講座のご案内(募集終了)

東京都では、人生100年時代を生き生きと暮らし続けるために、 知っておくべき病気の予防や医療、健康づくりについて、日々、患者と向き合う 都立病院の医師等がわかりやすく解説する「Tokyoヘルスケアサポーター養成講座」を開催します。

開催日時及び場所

平成31年1月26日(土曜日) 午後1時00分から午後4時30分まで
パークタワーホール(新宿区西新宿3−7−1 新宿パークタワー3階)

詳しくは東京都病院経営本部ホームページをご覧ください。 https://www.byouin.metro.tokyo.lg.jp/oshirase/healthcare_bosyu.html
※「Tokyoヘルスケアサポーター養成講座のご案内」チラシ(PDF:338KB)