ページの先頭です

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

都立病院は「産科医療補償制度」に加入しています

平成27年1月より「産科医療補償制度」の内容が見直されました。
この制度は、お産をしたときに何らかの理由で重度脳性まひとなった赤ちゃんとそのご家族のことを考えた補償制度で、公益財団法人日本医療機能評価機構を運営組織として創設された全国の分娩機関(病院、診療所、助産所)が加入している補償制度です。都立病院は平成21年1月1日の制度開始時から加入しています。

1 産科医療補償制度の概要

(1)制度の目的

分娩に関連して発症した重度脳性まひの赤ちゃんとその家族に経済的補償を速やかに提供するとともに、重度脳性まひ発症の原因分析を行い再発防止に資する情報を提供することにより、紛争の防止・早期解決及び産科医療の質の向上を図ることを目的としています。

(2)制度の対象

1 補償対象

 以下の①~③の基準をすべて満たす場合が補償対象となります。

2014年12月31日までに出生したお子様の場合 2015年1月1日以降に出生したお子様の場合
1 在胎週数33週以上で出生体重2,000g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件 在胎週数32週以上で出生体重1,400g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
2 先天性や新生児期等の要因によらない脳性まひ
3 身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひ
  • 生後6カ月未満で亡くなられた場合は、補償対象となりません。

2 申請期間

補償申請できる期間は、お子様の満1歳の誕生日から満5歳の誕生日までです。
(極めて重症であり、診断が可能となる場合は、生後6カ月から補償申請が可能です。)

3 登録証の交付

制度加入分娩機関では、妊産婦さんが制度の対象となることを示す「登録証」を交付しますので、必要事項のご記入など協力をお願いします。

(3)掛金及び補償金額

  1. 掛金(分娩機関負担) 1分娩(胎児)あたり16,000円
  2. 補償金額 合計3,000万円(準備一時金600万、分割金120万円×20年)

2 都立病院で出産する妊産婦さんへ

(1) 制度加入している都立病院(産婦人科を有する全施設)

  • 都立広尾病院
  • 都立大塚病院
  • 都立墨東病院
  • 都立多摩総合医療センター

(2)妊産婦さんの負担額

平成27年1月1日以降、1分娩(胎児)あたり16,000円を制度対象となる妊産婦さん全員に負担していただきます。
なお、産科医療補償制度創設に伴い健康保険法施行令が改正され、「出産育児一時金」に掛金相当額が加算されていますので、妊産婦さんに実質的な負担は生じません。

  • 国民健康保険の方は、自治体・組合等により一時金が異なる場合がありますので、加入している国保担当窓口に確認してください。

お知らせ

2016年07月26日

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。