ページの先頭です
代表電話
03-3941-3211
診療予約
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここから本文です

大塚病院BFH推進活動

親子イメージイラスト

 私たちは、健やかな母子関係が育まれる事を願って母乳育児を推進しています。そのため、WHO/UNICEFの母乳代用品のマーケティングに関する国際規準を尊守し、「母乳育児成功のための10カ条」に基づいてケアを実践しています。

母乳育児成功のための10か条 2018改訂版

  1. a 母乳代替え品のマーケティングに関する国際基準(WHO4コード)と世界保健総会の決議を遵守する
    b 母乳育児の方針を文章にして、施設の職員やお母さん・家族にいつでも見られるようにする
    c 母乳育児に関して継続的な監視およびデータの管理システムを確立する
  2. 医療従事者が母乳育児支援に十分な知識・能力・技術を持っていることを確認する
  3. すべての妊婦・その家族に母乳育児の重要性と方法について話し合いをする
  4. 出産直後から、途切れることのない早期母子接触をすすめ、出生後できるだけ早く母乳が飲ませられるように支援する
  5. お母さんが母乳育児を始め続けるために、どんな小さな問題でも対応できるように支援する
  6. 医学的に必要がない限り、母乳以外の水分・糖水・人工乳を与えない
  7. お母さんと赤ちゃんを一緒にいられるようにして、24時間母子同室をする
  8. 赤ちゃんの欲しがるサインをお母さんがわかり、それに対応できるように授乳の支援をする
  9. 哺乳瓶や人工入手、おしゃぶりを使うことの弊害についてお母さんと話し合う
  10. 退院時には、両親とその赤ちゃんが継続的な支援をいつでも利用できることを伝える

大塚病院 母乳育児に対する理念

  1. すべての妊婦さんに母乳で育てられる利点と授乳方法について説明いたします
  2. 母乳をのませられるよう、すべての母親を支援します
  3. 母乳の飲ませ方を具体的に説明します。また、もし赤ちゃんが母親から離れなければならない場合にも、母親に母乳の分泌維持の支援をいたします
  4. 赤ちゃんがほしがる時には、いつでも母親が母乳を飲ませられるように、母子同室にして終日、一緒にいられるようにします
  5. 母乳育児の継続的は支援をいたします
  6. 母乳育児が困難な母親と赤ちゃんに寄り添い、育児を支援いたします

母乳育児推進のための取り組み

前回母乳育児ではなかった方も、妊娠初期から支援しています

母乳の利点

PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る