ページの先頭です
ここから本文です

薬剤科

外来予定表へのリンク

診療科のご案内

当科について

内服薬等の調剤

外来処方せんは、原則、院外処方せんを発行しているため、院内の外来処方は全体の約10%で、主に夜間救急時間帯に対応するものです。また、当院で発行される入院・外来処方せんは全て、薬剤科の部門システムである調剤支援システムで処方鑑査を行っています。処方鑑査では、お薬の重複や相互作用(一緒に飲むと何らかの支障が想定される組み合わせ)のチェック等を行っています。さらに、食事や検査値等も加味した薬剤師による処方内容の確認も行い、調剤をしています。

注射薬の調剤

当院では、入院及び外来で使用される注射薬も注射処方せんに基づいて調剤(個人セット)を行っています。注射薬調剤時の処方鑑査では、注射薬同士の好ましくない組み合わせや内服薬との不適切な組み合わせの確認や投与速度・投与感覚をチェックし、必要時に医師へ問い合わせ等を行っています。

抗がん剤のミキシング(調製)

抗がん剤は、効果と副作用との間の安全域が狭いお薬であり、患者さんごとに使用量が異なるので幾重にも安全性の確認が必要です。また疾患ごとにお薬の組み合わせや投与スケジュールが違うため、煩雑な作業を伴います。調製を開始するに当たり、医師からの指示だけでなく、患者さんの検査値を確認しています。当院では薬の専門家である薬剤師が抗がん剤の調製を行っています。調製は、注射薬無菌調製室(クリーンルーム)で実施しており、注射液の細菌汚染などにも配慮しています。

高カロリー輸液の調製

当院の重点医療の一つである周産期医療を支えるため、超低出生体重児を含む新生児や小児に使用する高カロリー輸液を無菌的に調製しています。

院内製剤

薬剤科では、市販されていない特殊なお薬(製剤)を調製しています。これらの調製にあたっては院内の委員会の許可が必要で、使用する場合は必要に応じて使用する患者さんの同意をいただくなど、慎重な対応を心がけています。また、PL法を遵守し、製剤を調製しています。

医師・看護師等への医薬品情報提供

様々な医薬品情報を収集・管理し、医師や看護師など医療スタッフからの医薬品に関する問い合わせに対応するほか、院内医薬品情報誌や採用医薬品集の発行などを通じて院内各部署へ医薬品情報の提供を行っています。また、これらの情報をもとに、院内で使用する電子カルテシステムの医薬品マスターの管理を行っています。

病棟での薬剤師業務服薬指導など

入院患者さんに適正な薬物療法が行われるように、使用しているお薬について薬剤師が説明しています。特に重要度の高い抗がん剤や、手術後や肺炎等の感染症の患者さんの薬学的なケアを中心に行っています。お薬を正しく服用・使用するため、副作用症状にすぐに気がつくように、お薬について理解していただくことは大切です。薬剤師も病棟のカンファレンスや回診に参加し、患者さんの治療方針や問題点を他の医療スタッフとともに情報を共有しています。

患者さんへ

お薬手帳をお持ちください。薬局や病院ごとにお薬手帳を分けるのではなく、同じものを使用し、お薬手帳をご活用ください。お薬手帳は現在どんなお薬を使用しているかを確認でき、お薬の重複や相互作用をチェックすることが出来ます。

入院される方へ

入院時、普段飲んでいるお薬を薬剤師が確認しています。飲み薬だけではなく、目薬、貼り薬、吸入薬、注射薬など使用している薬を持参してください。これらの薬はお薬手帳と一緒に確認しています。
入院中、使用しているお薬について何か疑問や質問があれば遠慮なく薬剤師にお尋ねください。
また、患者さんの手元に届く内服薬・注射薬は、調剤するときに飲み合わせや配合変化などを確認しています。

夜間救急外来を受診される方へ

夜間救急の患者さんへは薬剤科で調剤をしたお薬をお渡ししています。お薬をお渡しする際には、薬剤情報提供文書(お薬説明書)も併せてお渡しし、お薬の説明も行っています。なお、夜間救急の性質上、お薬の処方日数は1日分を原則としています。

外来を受診される方へ

当院では、原則として、院外処方せんを発行しています。処方せんは保険調剤薬局へお持ちください。なお、処方せんには有効期限(発行日を含めて4日間)がありますのでご注意ください。

リンク

医薬品

院内採用医薬品リスト

院外採用医薬品リスト

後発医薬品リスト

医療関係者・学生の方へ

医療チーム

当院では、様々な医療チームに薬剤師が関わっています。

NST(Nutrition Support Team、栄養サポートチーム)

NSTは医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師・言語聴覚士で月2回ラウンドを行っています。薬剤師は、輸液の投与設計や経腸栄養医薬品についての情報提供などを行っています。

ICT(Infection Control Team、感染制御チーム)

ICT担当薬剤師は、医師、看護師、臨床検査技師と協力し、週1回、環境整備や個人防護具が適切に取り扱われているか等を目的とした院内のラウンドを行ったり、他の病院と連携し、感染制御のための情報交換を行っています。

AST(Antimicrobial Stewardship Team、抗菌薬適正使用支援チーム)

AST担当薬剤師は、医師、看護師、臨床検査技師と協力し、週1回、抗菌薬の適正使用のため、血液から菌が検出された患者について、抗菌剤の選択、抗菌剤の用法・用量・投与期間、適切な検査を行っているか等を確認したり、広域抗菌薬使用患者の各種培養、抗菌薬の用法・用量・投与期間が適切かを確認したりしています。また、抗菌薬の採用品目の見直しや、使用量の動向について調査・報告を行っています。

褥瘡ラウンド

皮膚科医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士でチームを構成し、回診(ラウンド)を週1回行っています。回診ではベッドサイドで褥瘡のある患者さんのケアを行い、処置方法の見直しを行っています。回診後はカンファレンスを開いて、患者さんごとに検討し、今後の治療方針について情報を共有しています。

糖尿病教室

医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士で糖尿病基礎講習・糖尿病教室を開催しています。月2回、薬剤師は糖尿病教室で薬物療法について講習を行っています。
糖尿病教育入院の患者に対しては、カンファレンスを行い、医療従事者間での患者の情報を共有しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム担当薬剤師は、医師、緩和ケア専従看護師、MSW、管理栄養士と共に週2回の病棟ラウンドと週1回のカンファレンスに参加し、薬に関する情報の提供などを行っています。また、患者の主治医、担当看護師、病棟担当薬剤師と情報を共有、連携して活動をおこなっています。

精神科リエゾンチーム

精神科医師・精神保健福祉士・精神科認定看護師・臨床心理士・認知症看護認定看護師・薬剤師からなるチームで、入院患者さんの心の健康を保ち、よりよい医療につなげるための活動を行っています。週1回の回診で入院患者さんの心の状態を把握し、その後のカンファレンスで今後の方針を話し合います。薬剤師は薬物療法に関して身体疾患治療薬との相互作用や代替薬の提案などの情報提供と服薬指導を行っています。

治験

治験について薬剤師は以下のように関わっています。

専門薬剤師・認定薬剤師

薬剤科では、常勤13名、非常勤・臨時12名が在籍しています。(2019年4月現在)
 以下は専門薬剤師、認定薬剤師の数です。

科内勉強会・研修会等

症例検討会(週1回)や新薬についての勉強会(月2~3回)を薬剤科内で行ったり、多くの学会への参加、発表などを行っています。また、院内全体でも多職種対象のセミナーが多数開催されています。

薬学部学生の実務実習

薬学生の実習を受け入れています。
実習生が指導薬剤師とともに病棟などで患者さんとお話しすることがあります。
ご協力よろしくお願いいたします。

主な実習内容

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489ゴヨヤク
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る