ページの先頭です
ここから本文です

検査科・病理診断科・周産期病理科

外来予定表へのリンク

診療科のご案内

当科について

検査科は院の課題である重点医療に対応し、適時・適切な検査情報を正確かつ迅速に臨床側へ提供し、疾病の診断および治療に寄与することに努めています。
電子カルテシステムと検査実施システムとの有機的な結合により、検査情報を効果的に臨床側に提供しています。
検査業務は一般検査、血液検査、生化学検査、免疫血清検査、細菌検査、輸血検査、生理検査の7分野のほか、病理診断科があり、日常検査のほか休日・夜間の緊急検査対応および外来患者の検査用採血を担っています。

外来中央採血

採血室には患者の呼び出し表示機能と待ち時間管理が可能なRFID検体情報統括管理システムを整備しています。加えて、JCCLS(日本臨床検査標準協議会)が2019年(平成31年)に提示した「標準採血法ガイドライン改訂版GP4-A3」に従い、真空採血管での採血では滅菌された採血管、採血針やホルダー、手袋の単回使用を遵守した安全な採血業務を実施しています。

自動化部門(一般検査・血液検査・生化学検査・免疫血清検査)

自動化部門は血液、尿を主に検体として検査する部門であり、検体搬送システムを導入して、各種分析装置(自動凝固機能検査装置、生化学自動分析装置、全自動電解質分析装置、全自動化学発光酵素免疫装置等)を接続しています。血液検査の一部は自動血球計数装置と血液像標本作成装置が血液搬送システムに接続しています。ここでの分析結果は検査実施システムで管理してリアルタイムに個別検査結果検証等を行い検査結果の保証をします。

細菌検査、輸血検査、病理検査(病理診断科)

細菌検査部門は一般細菌の培養同定および薬剤感受性試験、結核菌の検出を中心に検査しています。院内感染予防対策の一環としてMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、ペニシリン耐性肺炎球菌、多剤耐性緑膿菌などの管理が必要とされる菌の検出状況を週報・月報にして関係部署に情報提供しています。
輸血検査部門は血液型・不規則抗体、交差適合試験、血液製剤や自己血の管理、新生児輸血のための血液製剤の分割、院内輸血療法の監査の実施などを主な業務とし、安全な輸血療法の実施に向けて積極的に取り組んでいます。また、日本輸血・細胞治療学会のI&A(点検、認証)の認定施設となっています。
病理検査部門は2014年(平成26年)4月から病理診断科と標榜し、組織診、細胞診、病理解剖業務を主な業務としています。

生理検査

生理検査部門は心電図、脳波、呼吸機能、超音波(腹部、体表、血管、心臓)、血圧脈波検査(ABI)、聴性脳幹反応(ABR)聴覚、重心動揺などの生体検査が中心です。技師は心電図、脳波、超音波、新生児聴力スクリーニング検査(AABR)の病棟出張検査、耳鼻科外来に出向いての聴力検査、病棟に泊まって行う終夜睡眠ポリグラフにも対応しています。

スタッフ紹介

氏名 資格 専門分野
加藤 弘之
かとう ひろゆき
(部長)
  • 日本病理学会学術評議員
  • 日本専門医機構認定病理専門医
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 厚生労働省死体解剖資格
  • 医学博士

人体病理学
外科病理学

当院で行っている検査について

診療実績

  2017
(平成29) 年度
(件数)
2018
(平成30) 年度
(件数)
2019
(令和1)年度
(件数)
2020
(令和2)年度
(件数)
組織診数 4,377 4,218 4,182 3,124
細胞診数  4,617 4,462 4,455 3,603
病理解剖数 10 0 0 6

周産期病理科

概要

周産期病理部門では、総合周産期母子医療センターとして胎盤および子宮内容物などから高度かつ専門的な病理診断を行い、検査情報を臨床に提供し母と児の診断や治療に役立てています。

周産期病理診断

胎盤に認められる病変をもとに、将来起こりうる女性の病気の予防を目的としています。妊娠は一種の負荷試験といわれているように、妊娠という負荷が原因で起こりうる女性の血管病変や糖尿病について胎盤検査で明らかになり、女性の疾病予防や健康維持に役立てることができます。 また、小さく生まれた児は将来成人病の発症率が高率であり、胎盤病理で原因を明らかにして、児の将来の健康維持に役立てることも可能です。その他に、予期せず流産した女性の多くは、染色体異常や遺伝子異常が認められます。さらに摘出された子宮内容物の組織にも異常が認められ、流産の原因が自然淘汰であることを説明することで自責の念に苛まれていた母の傷ついた心を早期に癒すことができます。 感染や凝固異常などが原因の流産であれば、流産物の検査で診断が可能なものもあり、母体治療に結び付け将来の妊娠の成功に役立てます。このように、周産期病理科は、母と児の幸福に寄与することに努めています。

スタッフ紹介

氏名 資格 専門分野
有澤 正義
ありざわ まさよし
(医長)
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本胎盤学会評議員
  • 厚生労働省死体解剖資格

周産期医学
臨床胎盤学
婦人科病理

診療実績

              2020 (令和2) 年度(件数)
組織診数                    214
代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489ゴヨヤク
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る