ページの先頭です
ここから本文です

研修医採用情報

シニアレジデント(専攻医・後期臨床研修医)

先輩研修医からのコメント

大塚病院 シニアレジデント(小児科 2年次) 梶原 亜美

 当院は都立病院の東京医師アカデミーとしてプログラムが組まれており、市中病院だからこそのメリットを有しながら、大病院に負けない研修が可能です。
 当院は二次救急を冠する地域中核病院で、まだ後期研修医の身ではありますが、地域の小児科医療を支える一員としても活躍しなければなりません。具体的には、病棟管理に加え、外来・救急当番・当直も研修1年目から始まります(当然、困ったときは指導医が助けてくださいます)。場面によって求められる診療能力は異なりますし、ここでcommomな症例をたくさん経験することができます。病棟では研修医が主治医となり、医学的な面はもちろん、家族対応やコメディカルとの連携など、小児科医として必要な総合力を養うことができます。これは、大病院ではなかなかできない経験だと思います。
 また、3年目には他病院での研修も可能です。3次救急や専門病棟など、当院ではできない経験を補うことができ、小児専門医取得のための症例数は十分揃います。また、症例発表会、オンラインカンファ、学会発表、論文作成など、日常診療以外の場面でも学ぶ機会がたくさんあります。
 和気藹々とした雰囲気の中、このように充実した研修を行うことができます。小児科医としてスタートを切る場所として最高の環境だと思います。一度見学にいらしてください。一緒に学ぶ仲間が来てくれるのを楽しみにしています。

大塚病院 シニアレジデント(産婦人科 3年次) 斎藤 緑

 当院は都立病院による東京医師アカデミーに属しております。東京医師アカデミーは、都立病院と公社病院が連携し、様々な施設で研修することでカリキュラムの充実や指導体制の強化を図り、充実した医師育成システムを備えた制度です。他施設での研修を行うことで様々な治療方法や多彩な症例を偏りなく経験することができます。  
当院での産婦人科研修は、分娩・救急外来、母体搬送、病棟業務、一般外来について一から学ぶことができ、研修1年目から主治医として主体性を持って患者様の治療に携わることができます。また当院ではチーム制を採用しており、診察や治療方針等で困った際は上級医にいつでも相談できる体制が整っております。そのようなサポート体制が充実しているため、私たち後期研修医が生き生きと日々の診療を行うことができるのが当院産婦人科の最大の特徴といえます。また、当院産婦人科の特性として総合周産期医療センターの役割を担っており、様々な合併症妊娠など多数の症例を経験することができます。  
各科の横の連携も市中病院だからこそ、垣根が低く相談しやすい環境だと思います。是非一度見学にいらしてください。みなさんのお越しを当院職員一同お待ちしております。

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489ゴヨヤク
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る