お知らせ

松沢病院では新型コロナウイルス感染症予防に対し
以下の対策をとっています

2021年1月14日
 

 

院内に新型コロナウイルスが持ち込まれないために行っていること

  • 病院建物に入る人には全員、病院入口で体温測定、体調チェックを行い、マスクを着用していただいています。
  • 感染の疑いのある患者さんの動線は、他の患者さんとは別にしています。
  • ソーシャルディスタンシングが保てるよう、待合室などの席は間隔をあけて座っていただいています。
  • 大勢の人が使用する、椅子、トイレ、ドア、机は頻回に除菌シートでふいています。
  • 指定された場所以外での飲食(マスクを外す場面)は禁止しています。
    (飲食ができる場所は職員にお尋ねください)
  • 院内のどこでも、十分な換気をしています。

職員が新型コロナウイルス感染者にならないために行っていること

  • 全職員が毎日、健康観察を行っています(体温測定、体調チェック)。
  • 全職員がマスク着用、手指衛生をしています。
  • 全職員、何かしら体調不良があればそれが発熱、呼吸器症状でなくても勤務を禁止しています。
  • 新型コロナウイルス感染症では、特有の症状があるわけではないので、「いつもと違う倦怠感」のような軽微な症状であっても勤務しないようにしています
  • マスクをつけられない患者さんがいる病棟では、職員はサージカルマスクに加え、アイシールドをつけ、手指衛生を行っています。
  • 全職員が飲食時(マスクを外す場面)では会話をしないことを徹底しています。

患者さんが新型コロナウイルスに感染しないために行っていること

  • 入院時に必ず体温測定し、37.5℃以上の発熱が認められた患者さんには、PCRの検査を行い、個室に入院していただき、他の患者さんと接触しないようにしています。
  • 入院中に37.5℃以上の発熱が認められた場合にも、ただちに個室隔離をして、PCR検査を行っています。
  • 入院中の患者さんにもマスクをつけていただいています。
    (2021年1月13日現在、入院患者さんからの新型コロナウイルス感染症の新規発症はありません。)

  • 新型コロナウイルスの潜伏期は平均して5日とされています。
    万が一、入院される患者さんが新型コロナウイルスに感染していたとしても、健康観察期間内に発症するか、7日間の健康観察のうちにウイルス量は減り他の患者さんに感染させることはないと考えています。
    新型コロナウイルスは発症2日前から発症後数日間がピークとなりその後感染力がなくなっていくことがわかっています。
    Interpreting Diagnostic Tests for SARS-CoV-2
    JAMA. Published online May 6, 2020.doi:10.1001/jama.2020.8259


    新型コロナウイルス感染症COVID-19診療の手引き 第4.1版(厚生労働省)PDF

退院時にPCR検査は行っておりません

医療関係者、福祉施設関係者のかたへ

    松沢病院から転院された患者さんで、新型コロナウイルス感染症が疑われる場合には、どうぞご遠慮なく、ご相談ください。相談窓口:医療連携担当


東京都立松沢病院