松沢病院の今

松沢病院の今

公開動画

 

~当院初期研修医が奨励賞を受賞!~
2021年5月8日にWeb開催された第668回内科学会関東地方会で当院初期研修医の西川絵里衣先生が発表し、「奨励賞」を受賞されました。指導医の内科阪下も指導医賞を頂きました。本発表では、内科的考察に加えて当院が実践する医療連携と多職種連携に関する考察に富んだ内容が評価され、大変喜ばしく御報告いたします。発表にあたり、学会発表に御承諾いただきました患者さんと、多くの指導をいただいた当院スタッフに御礼申し上げます。(内科医長 阪下健太郎)(5月31日)
寄付品のお礼 ~2021年6月29日(火)
多くの方々から医療資源や支援物資が贈られました。それぞれの善意に心から御礼申し上げます。 皆様からのご支援、ご声援により、職員一同勇気づけられ、何よりの励みとなっています。PDF
~松沢フェスティバルを開催しました~2021年2月15日(月)
当院では、3年前から、入院患者さん、外来患者さん、職員を対象に、新年会を開催してきました。今年は、新型コロナウイルス感染状況により例年通りの新年会は見送ることになってしまいましたが、開催時期を慎重に検討し、規模も縮小して、2月に「松沢フェスティバル」として実施することができました。テーマは「コロナに負けずに頑張ろう!」。
当日は、感染対策をしっかり行ったうえで、松沢川柳コンテスト表彰式と、椅子に座ったままできるサザエさん体操を患者さんと一緒に行い、ハンドベル演奏、フラメンコ舞踏、ヴァイオリンとキーボードの生演奏を職員が披露しました。外来患者さんにはご覧いただけませんでしたが、病棟からいらした患者さんには喜んでいただき、職員もおおいに励まされました。齋藤院長の開会挨拶にあった「2021年は良い年にしましょう!」を合言葉にこれからも頑張っていきましょう。
~寄せ書きのプレゼント~4月28日
松沢病院で働く協力企業の皆さんから、寄せ書きが贈られました。発案から数日でこんなにたくさんの寄せ書きが集まったそうです。皆さんも第一線で働いているにも関わらず、現場の職員のために応援メッセージをいただき、勇気がわいてきました。新型コロナウイルス感染症終息に向けて、これからもオール松沢で取り組んでいきます。
~マスクをいただきました~
マスク不足で困っている当院に、マスクのプレゼントが届きました。わざわざ届けてくださる方、郵送してくださる方、それぞれの善意に心から御礼申し上げます。
見ず知らずの方から、「病院関係の皆さま方のご苦労はいかばかりかとお察しします」とお手紙もいただきました。経験したことのない困難の日々でも、患者さんのためにがんばっていこうと、職員一同勇気づけられました。本当に、ありがとうございました。(4月8日)

2020年の松沢病院の今 | 2019年の松沢病院の今 | 2018年の松沢病院の今