HOME » 東京看護アカデミーとは » キャリアラダーの概要

キャリアラダーの概要

キャリアラダーの3つの構成要素

  • 看護の核となる実践能力
    的確な判断、正確な知識・技術に基づいた看護実践の提供能力であり、その基盤となるものは倫理と信頼関係を築けるコミュニケーションです。
  • 組織的役割遂行能力
    チーム・所属・組織の中の役割を認識し、専門職として責任を果たすために安全性と経済性を考慮した職務遂行能力です。
  • 自己教育・研究能力
    継続学習による能力の維持・開発に努められるように自己教育力を身につけ、より質の高い看護の提供に向け、研究的視点を持って取り組める能力です。

都立病院キャリアラダーの概要

表:都立病院キャリアラダーの概要

キャリア発達のための支援

キャリアの発達はあくまで個人が主体となります。看護専門性の向上を自ら実現できるように、都立病院にはキャリア発達を支援する制度があります。

キャリア発達のための支援

教育委員の声(院内研修を企画・運営する担当者)

<駒込病院 森田さん>
研修を通して、研修設計の基礎だけでなく、人が学ぶとはどういうことなのかを改めて考える機会を得ました。研修設計の際には、一方向の研修にならず研修生自身が考える機会をもてるように心がけています。研修を通して研修生の学ぶ力を支援していきたいです。
<墨東病院 武部さん>
学んだことを臨床の場で活かせるような実践的な内容を企画し、研修生のレディネスに合わせた「興味を持てる・共に楽しく学べる」研修を目標にしています。研修生が高い満足度を得られている様子を見ると、委員としての達成感を感じ次回の意欲に繋がります。
<多摩総合医療センター 田地さん>
教育委員として研修の企画運営について、どのように進めていくか悩むこともありましたが、院内での教育担当者研修で、教えることの技術や教育研修プログラムの立案、評価まで学ぶことができました。研修で学んだことを基に、研修生が学びを臨床で活用し「院内研修に参加してよかった!」と思えるような研修を企画していきたいです。
<神経病院 田口さん>
院内教育担当者研修を通して、人材育成の基本から、インストラクショナルデザインを使用した研修設計について学ぶことができました。そこで学んだものをレベルⅠの研修の企画に生かしています。今後も研修生がより良く学べる、成長できる研修を目指し支援をしていきたいと思います。
<北療育医療センター 河野さん>
「語先後礼」 院内研修で最初に覚えました。今は研修を企画・運営する立場になり、人材育成の大切さや重要性・研修設計に至るまで毎日学習の連続です。少しでも知識や技術が身に付いてくれることを願いながら、楽しく効果的な学習ができるようにしていきたい。
<府中療育センター 矢島さん>
今年度はレベルⅡの研修生を担当し、院内教育担当者研修を受講しています。研修の学びを生かして委員会では、充実した研修にするために他病棟の教育委員と活発な意見交換をして企画を練り合い研修生のニーズに合わせた魅力ある研修の企画運営を行っています。