HOME » 東京看護アカデミーとは » キャリアラダーの概要

キャリアラダーの概要

キャリアラダーの3つの構成要素

  • 看護の核となる実践能力
    的確な判断、正確な知識・技術に基づいた看護実践の提供能力であり、その基盤となるものは倫理と信頼関係を築けるコミュニケーションです。
  • 組織的役割遂行能力
    チーム・所属・組織の中の役割を認識し、専門職として責任を果たすために安全性と経済性を考慮した職務遂行能力です。
  • 自己教育・研究能力
    継続学習による能力の維持・開発に努められるように自己教育力を身につけ、より質の高い看護の提供に向け、研究的視点を持って取り組める能力です。

都立病院キャリアラダーの概要

表:都立病院キャリアラダーの概要

キャリア発達のための支援

キャリアの発達はあくまで個人が主体となります。看護専門性の向上を自ら実現できるように、都立病院にはキャリア発達を支援する制度があります。

キャリア発達のための支援

教育委員の声(院内研修を企画・運営する担当者)

<広尾病院 川﨑さん>
院内教育担当者研修を通して、人材育成に必要なスキル、教育担当者としての役割、効果的な研修計画の方法を学びました。その学びを活かし、「自ら学び成長する」「共に学ぶ」をコンセプトに研修企画・運営に日々奮闘し、魅力ある院内研修を目指しています。
<墨東病院 奥村さん>
キャリアラダーごとに研修生のレディネスに合わせた研修を企画・運営しています。研修の目標達成に向け、企画・実践・評価する事は容易ではありませんが、自分自身も成長しつつ、研修生の成長をリアルに感じとれる喜びと達成感があり、やりがいを感じます。
<多摩総合医療センター 半谷さん>
レベルⅠ研修を担当し、研修生が多くの学びを得られるような研修の企画に努めています。教育委員の仕事は大変ですが、研修生の真剣に取り組む姿を見て、成長を感じた時はとても達成感があります。今後も研修生の成長を支えられるように関わっていきたいです。
<神経病院 増田さん>
人材育成の基本から研修設計について学ぶことができました。研修を通し多くの教育委員の方と出会い情報交換や悩みを共有することができました。今後、研修生に研修を受講して良かった、実践してみたいと思ってもらえる研修を企画し、支援していきたと思います。
<松沢病院 山﨑さん>
一人前の看護師になるために必要な知識・技術は何なのかを考えながら研修の企画をしています。研修の質は病院全体の看護の質に繋がると考えています。病院全体の看護の質向上を目指し、他の教育委員と討論することを楽しみながら委員会に参加しています。
<府中療育センター 黒木さん>
委員会では、インストラクショナルデザインを活用して、ラダー目標に沿った研修を企画・実施しています。今年度は特に研修評価に力を入れています。また、重症心身障害児(者)の特徴に合わせ、認定看護師を活用して看護実践力向上を図っています。