ページの先頭です

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

都立広尾病院における新型コロナウイルス感染者の発生について

2020年12月31日

 都立広尾病院において、入院患者7名の新型コロナウイルスの感染が確認されましたので、御報告いたします。
 なお、今回の感染確認に伴い、当院の診療体制を一部縮小いたします。
 病院を利用されている患者とその御家族、地域の医療機関をはじめとする関係機関の皆様に御迷惑と御心配をお掛けすることをお詫び申し上げます。

1 感染確認の状況について

・当院の一般病棟に入院し、12月26日(土曜日)に退院した患者Aが、12月28日(月曜日)から発熱があり、12月29日(火曜日)に当院を受診し、PCR検査を実施したところ、同日、「陽性」が判明した。患者Aは、現在、感染症専用病棟に入院している。

・患者Bは12月28日に咳症状があり、患者Aと同室だったことから、12月30日(水曜日)に検査を行い、「陽性」が判明した。現在、感染症専用病棟へ転棟している。

・患者Bの陽性判明を受け、同室であった入院患者5名について、同日検査を行ったところ、5名の「陰性」を確認した。現在、個室等で健康観察中である。

・12月30日に、同病棟の他の病室の患者Cに微熱があり、検査を行ったところ同日に「陽性」を確認した。現在、感染症専用病棟へ転棟している。

・複数患者の陽性が判明したため、当該病棟の他の入院患者15名についても順次検査を実施することとした。12月30日に患者8名の検査を行い、4名(患者D、患者E、患者F及び患者G)の「陽性」を確認した。患者4名は、現在、感染症専用病棟へ転棟している。他の患者4名は「陰性」であり、個室等で健康観察中である。

・残る患者7名については、12月31日(木曜日)に検査を実施し、結果は明日以降判明の予定である。

・なお、当該病棟は新型コロナウイルス感染患者が入院する病棟ではない。

2 病院の対応について

・患者A及び患者Bと同室で、既に退院している患者3名については、病院からの感染報告により、居住地の保健所が健康観察等を行っている。

・陰性が判明した患者9名及び検査未判明の患者7名については、個室等で健康観察を継続する。

・調査により濃厚接触者に該当する職員は医師2名であり、検査の結果は陰性であった。自宅待機とし健康観察を行う。

・このほか、当該病棟で業務を行った医師12名に検査を実施しており、12月31日に6名の陰性を確認した。他の6名は明日以降結果が判明する予定である。また、当該病棟の看護師30名についても順次検査を実施する。

・感染経路は現在のところ不明であり、今後、所管保健所の調査に協力していく。

・陽性が判明した患者が入院していた病室については、12月30日に改めて消毒を行った。また、病棟の手すり、ドアノブ等の接触面の消毒は毎日実施している。

・職員の手指消毒やマスク、アイシールドの着用などの標準予防策の徹底及び感染管理担当(ICT)による巡回点検を引き続き実施する。

3 今後の診療について

・患者に新型コロナウイルス感染が確認された当該病棟の新規入院患者の受入れを停止する。

・一般病棟で複数の患者の感染が確認されたことに伴い、院内で個室管理が可能な病室がほぼ満床となることから、救急医療は外来診療のみとし、救命救急センターでの新規受入れを停止する。

【参考資料】

≪問合せ先≫

広尾病院事務局庶務課

電話 03-3444-1181

病院経営本部サービス推進部事業支援課

電話 03-5320-5835

報道発表

2021年01月04日

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。